弁護士法人栗田勇法律事務所 > 離婚問題重要判例紹介 > 【さいたま家審平成23年5月・婚姻費用】処分した自宅の残ローンを義務者が支払っている場合の認定方法

【さいたま家審平成23年5月・婚姻費用】処分した自宅の残ローンを義務者が支払っている場合の認定方法

1 「申立人(夫)については、従前の就労の内容等を考慮すると、就労が困難とは認め難く、一定程度の就労は可能な状態にあるものというべきで、その稼働能力としては、申立人の年齢、学歴等を考慮して、年収400万円程度と認める。

相手方(妻)は、平成22年当時は無職無収入であったが、現在、年収300万円程度と認められる。

申立人が負う住宅ローンの残債務は、算定に当たり考慮しない。

したがって、双方の年収を算定表に当てはめ、婚姻費用を月6万円と定める。」

2 本件は、婚姻費用の減免請求の事例であるが、裁判所は、義務者が無職となったことや、競売済み自宅の残ローンを負っていることは、減額の根拠としていない。


パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市