弁護士法人栗田勇法律事務所 > 離婚問題重要判例紹介 > 【名古屋高決平成18年5月31日・財産分与】離婚後の扶養的財産分与として妻が子らと居住する建物の使用貸借権を設定した事例

【名古屋高決平成18年5月31日・財産分与】離婚後の扶養的財産分与として妻が子らと居住する建物の使用貸借権を設定した事例

1 「抗告人(妻)が相手方(夫)からの突然の離婚の申出を短期間で受け入れたのには、相手方からの離婚の要求が応ぜざるを得ないほど強いものであるとともに、抗告人において離婚を受け入れやすい経済的条件の提示があったからであると推認されること、抗告人の収支の均衡は住居費の負担がないことによって保たれていること、相手方が抗告人が子らと居住する建物に関する費用を負担することを前提に養育費が算定されていること、抗告人の1000万円近い持参金が夫婦共有財産として残存していないこと等の諸般の事情を総合すると、抗告人が子らと居住し、相手方所有とすべき建物について、期間を第三子が小学校を卒業するまでの間とする使用貸借権を設定するのが相当である。」

2 また、この事例では、使用貸借終了後の抗告人の転居費用について、本来離婚後の自助努力によるべきところであるが、抗告人の生活状況等及び相手方の転居費用が婚姻費用によって賄われたことなども考慮し、その一部である50万円を相手方に分与させることとしている。


パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市