裁判で訴えられた方へ

ある日、突然、裁判所から封筒が届いた・・・

すぐに弁護士法人栗田勇法律事務所へご連絡ください!!

「裁判所から訴状が届いたんですけど、どうしたらいいですか・・・」

「答弁書ってどうやって書けばいいですか・・・」

「裁判なんてやったことないので、何をどうしたらいいのか全然わかりません・・・」

弁護士法人栗田勇法律事務所では、このようなご相談をたくさん受けてきました。

ある日、突然、裁判所から封筒が届いたら、誰だってびっくりします。

 

でも、そんなときこそ、落ち着いて!

 

まずは、訴状に書かれている内容をよく読んで、誰からどのような内容で訴えられたのかを確認してください。

その上で、弁護士に相談してください。

一番よくないのは、そのまま放置してしまうことです。

これをやってしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます。

「欠席判決」と言って、第1回目の裁判の期日に行かず、答弁書も提出しないと、原告の言い分(請求)が認められてしまうというルールになっています。

つまり、訴えられた側(被告)は負けてしまうのです。

 

だから、絶対に放置してはいけません。

 

また、裁判所からの封筒の中に、第1回目の裁判の期日とともに、「答弁書」の提出期限が書かれている紙が入っていると思います。

そうです。

すべて期限が決まっているのです。

 

だからこそ、訴えられたことがわかったら、すぐに弁護士に相談すべきなのです。

1人で悩んでいても、時間はどんどん経ってしまいます。

弁護士法人栗田勇法律事務所では、初回法律相談は無料ですので、まずはご相談ください。 ご連絡をいただければ、私たちが全力で力になりますよ!! いつでもご連絡をお待ちしています。


コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市