【東京地判昭和61年9月26日】遺留分減殺請求と減殺物件の選択

1 「原告は遺留分減殺者には減殺の対象を選択する権利がある旨主張するけれども、右のように解すべき法文上の根拠はないし、これを認めると減殺者に恣意を許すことになり、またその後に予想される遺産分割等の内容を減殺者が一方的に先取りしてしまうことにもなるので減殺者に右選択権を認めることはできないから、原告の右主張は採用できない。

したがって、本件ではAの土地建物とBの土地双方についてそれぞれ遺留分の割合に応じて持分権が減殺者に移転し共有関係が生じるものと解するのが相当である。」

2 上記裁判例のとおり、遺留分権利者には物件を選択する権利はないが、他方で、受遺者、受贈者には価額弁償をする物件を選択する権利がある。


パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市