本の紹介838(勝利のルーティーン)

おはようございます。

今日は本の紹介です。
勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント

少し前の本ですが、ワールドカップからの流れで読んでみました。

ミーハーか!

さて、この本で「いいね!」と思ったのはこちら。

夢と現実があまりにかけ離れたシーズンを送っていると、選手生命はアッという間に終わってしまう。チームにおける自分のポジションを冷静に判断し、バックアッパーならそれ相応の努力をしないとレギュラーは奪えない。」(184頁)

「自分のポジションを冷静に判断」するというのは、サッカー選手に限らず、あらゆるビジネスマンに求められる力だと思います。

ここを見誤ると、選択を誤り、本来経験する必要のない挫折を味わうことになります。

挫折もまた必要なプロセスと評価することも可能でしょうが、しなくていい挫折はしないほうがいいでしょう。

もっとも、自分のポジションを冷静に判断することはとっても難しいことです。

したがって、信頼をしている人と話をして、ポジションを判断するヒントをもらうというのがよいと思います。