弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 会社清算 > 【会社清算⑥】財産目録等の承認総会ってなに?

【会社清算⑥】財産目録等の承認総会ってなに?

財産目録等の承認総会はどのような手続で行えばいいですか。

清算人が作成した解散時の財産目録と貸借対照表は、株主総会に提出してその承認を受けなければなりません

これは、株主総会に、解散時の財産目録等を提出して株主に自社の財産状態を開示し、残余財産分配の額を予測するための情報を提供することが目的です。

招集通知には、会議の目的事項として「平成○年○月○日(解散日)現在の財産目録及び貸借対照表承認の件」を記載します。

招集通知に清算財産目録等を添付することは、会社法上要求されていませんが、財産目録等承認総会の趣旨からすれば、可能な限り添付するほうがよいでしょう。

清算会社は、財産目録等を作成した時から、その本店の所在地における清算結了の登記の時までの間、当該財産目録等を保存しなければなりません。ただし、本店に備置し、あるいは閲覧等に供する必要はありません。


カテゴリー: 会社清算, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市