就職・転職支援サイト等に会社を誹謗中傷する内容の口コミが投稿された場合

みなさんの会社でも、就職・転職支援サイト等に会社の「悪口」を書かれたことというご経験があると思います。

「悪口」といっても内容はさまざまですが、大別すると、①会社の労務面・労働環境面に対するネガティブな投稿(例:「サギ的な営業を強要する」、「残業代もロクに出ないブラック企業」)、と②代表者や役員個人の資質や人間性等に対するネガティブな投稿(例:「社長が無能、ポンコツ」)に分けられます。

就職・転職支援サイト等におけるネガティブな口コミの多くは、御社の元従業員によるものですが、時には同業他社による「なりすまし」による投稿である場合もあります。

このようなサイトに会社についてのネガティブな口コミが投稿されますと、求人への応募が集まらなかったり、内定辞退が続くなど、採用活動に大きな支障を来すことは言うまでもありません。

ただでされ、労働力不足に悩まされている昨今、このようなネガティブな口コミの存在は、会社にとって死活問題と言っても過言ではありません。

そのため、就職・転職支援サイト等に会社を誹謗中傷する内容の口コミが投稿された場合には、当該投稿の削除請求を検討する必要があります。

御社もしくは御社の代表者・役員等を誹謗中傷する口コミが投稿された場合には、弁護士法人栗田勇法律事務所にご相談ください。

もちろん、会社にとってネガティブな口コミのすべてを削除できるわけではありませんが、ご相談は無料ですのでまずはご相談ください。

実績