弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続②】連帯債務者の夫が亡くなったのですが・・・

【遺産相続②】連帯債務者の夫が亡くなったのですが・・・

夫は、生前、Aさんとともに会社を経営していましたが、その資金として銀行から4000万円をAさんと連帯して借りていました。相続人は、私と2人の子どもです。幸い、十分な資産がありますので、夫の借金を返済しようと考えておりますが、夫の債務のうちだれがどれだけ負担すればいいのでしょうか?

ご質問をいただいたケースでは、相続人は、妻であるあなたとお子さんが2人ですから、法定相続分はあなたが2分の1、お子さん2人がそれぞれ4分の1ということになります。
連帯債務額が4000万円ですから、あなたが2000万円、お子さん2人が1000万円ずつの債務を銀行に対して負担します。

そして、この債務は、あなた方とAさんとが連帯して支払うことになります
仮に、あなたやお子さんが銀行に支払をすれば、亡くなられたご主人とAさんとの間で決められた負担割合に応じてAさんに求償できることになります。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市