弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続③】認知された子に相続権はあるの?

【遺産相続③】認知された子に相続権はあるの?

先日、夫が亡くなりました。夫の通夜に、夫の子であると主張する女性がやってきて、自分にも相続権があると主張しています。戸籍を調べてみると、確かに認知されていました。夫には、妻の私と息子が1人います。認知されていた女性に相続権はあるのでしょうか?

ご質問に登場する「夫の子であると主張する女性」は、認知されている以上、法律上、ご主人のお子さんということになりますので、認知無効の訴えによって認知の効力が否定されない限り、ご主人の財産について相続権があります

もっとも、その女性は、非嫡出子(結婚していない男女の間で生まれた子)ですから、相続分は、民法上、婚姻関係にある男女の間で生まれた子(嫡出子)の半分とされています。

したがって、本件の場合、ご主人の遺産についての相続分は、配偶者であるあなたが2分の1、残りの2分の1をあなたのお子さんと認知を受けた女性がそれぞれ2:1の割合(つまり、あなたのお子さんが全体の3分の1、女性が6分の1)で分けることになります。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市