弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理⑪】未消化の年休を買い上げることはできる?

【労務管理⑪】未消化の年休を買い上げることはできる?

消化しきれなかった年休について、その分の賃金を支払って買い上げることはできますか?

原則としてできません。
もともと年休の目的は、日頃の業務から離れて休むことにあるので、買い上げる代わりに休めなくなってしまっては意味がありません。したがって、原則として、年休を買い上げることはできません。

ただし、法定の付与日数を超えて与えている年休を買い上げても法律違反とはなりません。

なお、年休は、6か月継続勤務し、8割以上出勤した場合に10日与える必要があります。その後は、継続勤務年数が雇入れ後、2年6か月までは6か月を超えて1年増加するごとに1日を加算し、2年6か月経過後からは、継続勤務1年ごとに2日ずつ加算した日数を与えなければなりません。
ただし、最高20日を限度とすることができます。


カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市