弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続⑫】遺言の種類とメリット、デメリットは?

【遺産相続⑫】遺言の種類とメリット、デメリットは?

遺言を作成したいと思っているのですが、遺言にはいろいろな方式があると聞きました。それぞれのメリット、デメリットを教えて下さい。

民法が定める遺言の方式には、普通方式として、自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言の方法があります。

その他、特別の方式として、危急時遺言等の方式がありますが、特殊なケースですので、省略します。

1 自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者が遺言書の全文、日付及び氏名を自署し、これに押印する方法です。

この方式は、遺言の存在、内容を誰にも知られることなく、簡単にかつ無料で作成できることがメリットです。

しかし、反面、1人で作成したために、法律的な要件を満たしていなかったり、内容が不明確であったり、遺言の存在を誰も知らない等の理由で、遺言が実行されないことがあります。

また、仮に遺言が有効な場合でも、遺言作成者が死亡した後、速やかに家庭裁判所において検認手続をしなければなりません。

2 公正証書遺言 

公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、公証人が遺言者の口述を筆記して作成します。

この方式は、遺言の存在が明確であること、家庭裁判所の検認が必要ないこと、法律的にも検討がなされているため、無効になることはほぼないというのがメリットです。

弁護士としては、公正証書遺言を作成することをお勧めいたします

なお、強いて言えば、公正証書を作成する関係で、若干の費用がかかるのがデメリットでしょうか。

3 秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言者が遺言書に署名・押印して封筒に入れ、同じ印で封印し、公証人、証人2人以上の前で自分の遺言書であることを申し述べるなどして、公証人が証人とともに署名・押印する方法です。

遺言の存在は公証人や証人に知れますが、内容は秘密にできるのがメリットです。

反面、遺言内容について公証人がチェックしていないので、自筆証書遺言と同様に、無効になるおそれがあります。

また、家庭裁判所の検認も必要です。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市