弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 任意整理 > 【任意整理⑤】債権者との交渉が決裂したらどうなるの?

【任意整理⑤】債権者との交渉が決裂したらどうなるの?

任意整理で債権者との交渉が決裂した場合はどうなりますか?

任意交渉というのは、字のごとく、あくまでも「任意」です。
したがって、交渉がまとまらなかった場合は、任意整理はそこで一旦終了ということになります。
交渉がまとまらなかったということは、債務者側にとっては、今までと同じ条件で返済をしていかなければならないということを意味します。
ですから、債権者へ任意交渉を持ち掛ける場合は、債権者に納得してもらえる条件を提示することが大切です。
債務者が実現可能な提案をしたにもかかわらず、債権者との間で和解が成立しない場合には、自己破産や個人再生等の法的手続をとらざるを得なくなります。

カテゴリー: 任意整理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市