弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続⑬】公正証書遺言はどうやって作るの?

【遺産相続⑬】公正証書遺言はどうやって作るの?

公正証書遺言の作成方法について教えて下さい。

まず、遺言内容を決める必要があります。つまり、具体的に相続財産を把握し、どの財産を誰に与えるかということを決めなければいけません。

この遺言内容について、いきなり公証役場に行って公証人に相談してもよいですが、じっくり時間をかけて検討したいということでしたら、弁護士に相談することをお勧めいたします。

その上で、弁護士に遺言の証人、遺言執行者になってもらうのがよいでしょう。

そして、戸籍謄本(全部事項証明書)、登記簿謄本(登記事項証明書)、印鑑証明書、固定資産税評価証明などの必要書類を準備します。

弁護士に依頼する場合には、弁護士が遺言内容の原案を作成して、公証人に検討を依頼します。

文案ができたら、遺言者、公証人、証人2人の都合のよい日に、公証役場に出頭します。遺言者が公証役場に出頭することが困難な場合は、公証人に遺言者のもとに出張してもらうこともできます。

その際、遺言者は実印と印鑑証明書、証人2人は認印が必要です。

なお、証人の資格として、未成年者、遺言者の推定相続人、受遺者およびその配偶者並びに直系血族、公証人の事務員等は除かれます

公正証書遺言は、原本が公証役場に保管されますので、紛失や隠匿のおそれはありません。

公正証書遺言の内容を変更したり、撤回する場合には、新たな遺言を作成することになります。

新たな遺言の作成方法は、公正証書遺言に限りませんが、できれば、撤回する経緯を示して、同じ公証人の公正証書によることが望ましいでしょう。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市