弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続⑭】「遺言書」と書かれた封筒を見つけたのですが・・・

【遺産相続⑭】「遺言書」と書かれた封筒を見つけたのですが・・・

先日、父が亡くなりました。片付けをしていたら、戸棚から「遺言書」と書かれた封筒が出てきました。この場合、どうしたらいいですか?

ご質問の「遺言書」が、公正証書遺言以外の遺言であれば、発見後遅滞なく、家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

遺言書が封印してある場合には、相続人又はその代理人立会いの上で、家庭裁判所で開封しなければなりません。

遺言書の検認とは、遺言の執行前に、遺言書の形式その他の状態を調査確認し、その保存を確実にするための一種の形式的な検証手続ないし証拠保全手続です。

したがって、検認手続を経ないからといって、遺言が無効になることはありません。

検認の申請は、遺言書の保管者又は相続人から相続開始地、すなわち遺言者の死亡した場所の家庭裁判所に対して行います。

家庭裁判所は、遺言に封印がある場合には、相続人又はその代理人の立会いのもとに開封し、遺言の方式に関する一切の事実を調査し、その結果を調書に残します。

そして、家庭裁判所書記官は、遺言書の検認に立ち会わなかったも申立人、相続人、受遺者その他の利害関係人に対し、遺言書の検認がなされたことを通知しなければなりません。

以上のような手続を行うことになります。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市