弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続⑱】生命保険金も遺産分割の対象となるの?

【遺産相続⑱】生命保険金も遺産分割の対象となるの?

夫は、妻である私を受取人とする生命保険を残して死亡しました。この保険金も遺産として分割しなければならないのでしょうか?

 
生命保険金が被保険者である夫の遺産となるのかどうかは、保険金受取人が誰に指定されているかにより結論が異なります。

1 契約者である夫が被保険者で、かつ保険金受取人に指定されている場合

この場合には、夫は自己のために生命保険契約を締結したものと考えられ、保険金請求権は夫の遺産の中に組み込まれるので、遺産分割の対象となります

2 契約者である夫が被保険者で、保険金受取人として特定の者が指定されている場合

この場合には、夫は他人のために生命保険契約を締結したものと考えられますので、保険金請求権は生命保険契約上、保険金受取人の固有の請求権を取得することになり相続財産とはなりません(最高裁昭和40年2月2日判決)。

ご質問のケースは、2の場合にあたりますので、保険金は遺産分割の対象とはなりません。

3 なお、保険金受取人が単に「相続人」と指定されている場合も、同じように保険金受取人である相続人の固有の請求権と考えられます(最高裁昭和40年2月2日判決)。

この場合には、民法427条の「別段の意思表示」があるものとして、各保険金受取人は、法定相続分の割合により権利を有することになります(最高裁平成6年7月18日判決)。

4 生命保険金が特別受益にあたるかについては、【遺産相続⑲】をご参照下さい。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市