弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚⑦】親権者指定の基準は?

【離婚⑦】親権者指定の基準は?

夫との離婚を考えています。私には、子どもがいるのですが、親権で夫ともめています。調停や裁判などでは、親権者はどのようにして決められるのですか?

父母が離婚した場合は、どちらか一方の単独親権となるので、未成年の子がいる場合、離婚が成立するためには、夫婦の一方を親権者として指定する必要があります。

離婚調停や離婚訴訟における親権者指定の基準は、「子の利益」ですが、具体的には、次のような要素が考えられます。

【親側の事情】
① 監護体制の優劣(経済状態、居住環境、家庭環境、教育環境)

② 子に対する愛情、監護意思

③ 心身の健全性

【子側の事情】
① 子の年齢、心身の状況(子の年齢が低いほど母親が親権者に指定されやすい傾向がある)

② 環境の継続性

③ 子の意思


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市