弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚⑧】養育費はいつまでもらえるの?

【離婚⑧】養育費はいつまでもらえるの?

離婚を考えているのですが、養育費は、いつまで支払ってもらえるのでしょうか?

養育費の支払いは、一般的には、「未成年者が成人に達する月まで」とする扱いが多いです。

しかし、これはあくまで一般論であり、父母の学歴などの家庭環境、資力により個別に定めることができます。

例えば、「未成年者が満18歳に達する月まで」「未成年者が満22歳に達する月まで」、また、学齢期の終了時期に合わせた定め方として、高卒の場合は「未成年者が満18歳に達した後の最初の3月まで」、大卒の場合は「未成年者が満22歳に達した後の最初の3月まで」等の定め方もあり得ます。

この他、当初、高卒で学業を終了する予定だったものが大学を受験することとなった場合には養育費の増額の申立てが可能であるが、予め「養育費の支払いの終期は未成年者が成年に達したときとする。ただし、同人が成年に達するまでに大学に進学した場合には、未成年者が満22歳に達した後の最初の3月までとする」と定めておくこともできます。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市