弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚⑨】慰謝料はどのような場合に請求できるの?

【離婚⑨】慰謝料はどのような場合に請求できるの?

離婚する場合、どのような事情があれば、慰謝料請求ができるのですか?

離婚に伴う慰謝料請求が認められるのは、次のような事情がある場合です。

① 配偶者の不貞行為

② 暴力、犯罪、悪意の遺棄

③ 婚姻生活の維持に協力しない

④ 性交渉拒否、性的不能

この中で、慰謝料請求の理由として、最も多いのは、①で、次に多いのが②のDVです。

これに対して、離婚原因として最も多いと思われる「価値観の相違、性格の不一致」という理由だけでは、慰謝料請求は難しいです。

また、以下のような場合にも、慰謝料請求は認められません。

① 有責行為が証拠上認められない場合

② 有責行為が慰謝料を支払わせるほどではない場合

③ 婚姻破綻の責任が同等又は主として慰謝料を請求する配偶者にある場合

④ 有責行為と婚姻破綻との間に因果関係が認められない場合(不貞行為の以前に婚姻関係が破綻していたような場合)


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市