弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続㉜】遺産分割調停の申立てに必要な書類とは?

【遺産相続㉜】遺産分割調停の申立てに必要な書類とは?

遺産分割調停を申し立てる際、どのような書類を用意する必要がありますか?

遺産分割の申立てに必要な書類は以下のとおりです。

1 戸籍関係

①相続人全員の戸籍謄本(原本、取得後3か月以内)

②除籍謄本・改製現戸籍謄本(原本、被相続人が生まれてから死亡するまでの間に在籍した全戸籍)

③相続人全員の戸籍の附票又は住民票(原本、取得後3か月以内)

④被相続人の住民票除票又は戸籍の附票(原本)

2 遺産関係

①登記簿謄本又は全部事項証明書(原本、取得後3か月以内)

②固定資産評価証明書(原本、直近の年度のもの)

③住宅地図、公図の写し等不動産の位置、形状等を示す書類

④建物の平面図

⑤借地借家に関する契約書

⑥預貯金の通帳の写し又はその残高証明書

⑦株式、社債、投資信託等の内容を示す文書

⑧生命保険等の証券

⑨相続税申告書の写し

3 前提問題関係

①遺言書写し

②遺産分割協議書の写し

③協議不成立に終わった遺産分割協議書の案

④前相続に関する遺産分割協議書

4 相続債務関係

①消費貸借契約書、担保設定契約書の写し

②支払予定表の写し

相続債務は遺産分割の対象とはなりませんが、調停では債権者の承認を前提に、相続人の一人に債務引受の合意をしたり、担保付不動産の帰属を検討するため、その残額を確認する必要があります。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市