弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 成年後見 > 【成年後見⑦】後見人の様子がおかしいのですが・・・

【成年後見⑦】後見人の様子がおかしいのですが・・・

後見人の行為におかしい点がある場合は、どのように対処したらよいですか?

民法846条は、「後見人に不正な行為、著しい不行跡、その他、後見の任務に適しない事由があるときは、家庭裁判所は、後見監督人、被後見人、その親族、検察官の請求によって、または職権で、後見人を解任することができる」と規定されています。
たとえば、後見人に使い込みがあった、後見人としての職務をまったくしない、などの場合は、後見人の解任を家庭裁判所に請求できるわけです

また、いきなり解任まで行かなくても、後見監督人または家庭裁判所は、いつでも後見人に対して、後見事務の報告、財産目録の提出を求めることができますし、調査をすることもできますから、後見人の行動に不審な点がある場合には、家庭裁判所にその旨を伝え、家庭裁判所に調査をしてもらうことも1つの方法です。


カテゴリー: 成年後見, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市