弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚⑭】財産分与の清算割合は?

【離婚⑭】財産分与の清算割合は?

財産分与を行う場合、夫婦間でいかなる割合で分与すればいいですか?

清算の割合は、財産形成、維持への寄与度によって決めるのが一般的です。

共稼ぎや妻が夫の事業に協力している場合は、妻の寄与度を原則2分の1と考え、特段の事情があればその割合を加減するという考え方が大勢です。

もっとも、現在では、妻が専業主婦であったか否かを問わず財産分与割合を原則として平等とする点はほぼ確立したとの指摘もあります

さらに、夫婦が互いの収入から婚姻費用を拠出し、かつ妻が18年間家事労働に従事した事案で、妻の寄与度を6、夫の寄与度を4とし、妻の寄与度が夫を上回る裁判例も出てきています(東京家審平成6年5月31日)。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市