弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 成年後見 > 【成年後見⑬】成年後見人を交代するにはどうすればいいの?

【成年後見⑬】成年後見人を交代するにはどうすればいいの?

成年後見人が交代するには、どのようにすればいいでしょうか?

既に成年後見人が選任されている場合において、成年後見人が交代するには、手続きとしては、現在選任されている成年後見人が退職(辞任・解任等)し、新たな成年後見人を選任する手続きになります。

なお、成年後見人の辞任が認められる例としては、後見事務を遂行し得ない遠隔地への転居や、病気や高齢、身体障害などによって後見人の職務を円滑に行うことができなくなった場合などが挙げられます。

新たな成年後見人の選任申立において、候補者があったとしても、家裁はあくまで本人(成年被後見人)の支援者として最適な成年後見人を選任することから、開始申立てのときと同様、必ず候補者が選任されるとは限りません。 


カテゴリー: 成年後見, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市