弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚㉖】住宅ローンが残っている場合、財産分与はどうなるの?

【離婚㉖】住宅ローンが残っている場合、財産分与はどうなるの?

財産分与の対象財産として、不動産のほかに預貯金、生命保険、株式等があり、住宅ローンも残っている場合、財産分与はどのようにすればいいですか?

まず、離婚時(又は別居時)において積極財産がない場合、つまり、そもそも積極財産そのものがない場合と積極財産はあるが、債務もあり、積極財産から債務を控除するとプラスとならない場合には、財産分与請求権は認められません

そこで、例えば、財産分与の対象が不動産しかなく、不動産の評価が3000万円であり、住宅ローンが2000万円残っている場合には、1000万円(3000万円-2000万円)が財産分与の対象となります。

これに対して、住宅ローンが3500万円残っている場合には、積極財産がないことになりますので、財産分与請求権は生じません。

このような考え方は、ご質問のケースでもあてはまります。

つまり、積極財産を全部加算し、これから消極財産を控除して、プラスであれば、財産分与請求権が認められ、マイナスであれば、認められません


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市