弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚㉗】離婚後も夫名義のマンションに住み続けたいのですが・・・

【離婚㉗】離婚後も夫名義のマンションに住み続けたいのですが・・・

私は、離婚後も夫名義のマンションにそのまま居住したいのですが、どのような点に留意すべきですか?

マンションが夫婦の実質的共有財産である場合には、財産分与の対象となります。

もっとも、マンションの購入代金のローンが残っている場合には、さまざまな問題が生じます。

残ローンがマンションの評価額を上回る場合でも、下回る場合でも、残ローンの処理について、協議しなければなりません

マンションが夫名義であれば、ローンの弁済も夫名義の銀行預金口座から引き落とされることが多いと思われますので、妻がマンションを取得し、残ローンの支払をするのであれば、残ローンの支払口座を変更するなどローンの債権者(金融機関)との協議が必要です。

また、所有名義を変更する場合にも、通常、夫がローンの債務者となり、マンションに抵当権等が設定されていますので、ローンの債権者等と協議する必要があります。

このほか、マンションの光熱費等についても、契約者や支払口座の変更をしたり、管理費や補修積立金について、支払者や支払口座の変更をしたりするなど、細かい点についても協議する必要があります。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市