弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚㉚】親権の喪失ってなに?

【離婚㉚】親権の喪失ってなに?

「親権の喪失」とは何ですか?

親権者が親権を濫用したり、著しい不行跡がある場合には、家庭裁判所は、コの親族または検察官、児童相談所長の請求によって、その親権の喪失を宣言することができます(民法834条、児童福祉法33条の6)。

親権の濫用とは、監護教育に妥当な範囲を超えて親権を行使したり、あるいは行使しなかったりして、子の福祉を害することを指します。

たとえば、子を虐待したり、度の過ぎた懲戒をしたり、児童福祉法で禁止しているような職業につくことを許可したり、長期間、子を放置するような場合は、身上監護権の濫用となります。

また、子の財産を不当に処分したり、子名義で多額の借金をするような場合は、財産管理権の濫用になります。

いずれも行為の動機、意図、目的が考慮されて、濫用かどうかが判断されます

親権喪失宣告を受けた者について、その宣告の原因が止んだときは、家庭裁判所は、本人または親族の請求により、親権または管理権の喪失の宣告を取り消すことができます。

なお、実際の審判では、虐待などの濫用的事実の証明が困難であり、親権者が真剣に姿勢を示すと、裁判官もそれにつられてしまうことなどもあり、滅多に宣告申立てはなされません。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市