弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 交通事故 > 【交通事故㉒】「異議申立て」のポイントを教えてほしい

【交通事故㉒】「異議申立て」のポイントを教えてほしい

後遺障害等級認定に不服があるため、異議申立てをしようと考えています。異議申立てをする際のポイントを教えて下さい。

異議申立てを行う際は、まず、開示を受けた認定理由に基づいて、何が足りないかを正確に把握することが大切です。

そして、異議申立てにあたっては、新たな資料を提出しなければ、認定が変更されることは難しいです。

例えば、新たな検査や再検査を行うことによって、あるいは、主治医に意見書を作成してもらう(後遺障害診断書をより詳細に記載してもらう)ことによって、後遺障害の内容・程度を明らかにし、または、他覚所見を補充するといったことが必要です。

また、因果関係を否定する認定理由の場合には、事故前と事故後の被害者の症状についての資料を提出したり、事故態様が軽微であるとする理由の場合には、決して軽微な事故ではないことを刑事記録によって明らかにしたりすることなどが考えられます。

後遺障害等級認定の結果に不服がある場合には、一度、弁護士にご相談されることをおすすめいたします。


カテゴリー: 交通事故, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市