弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労働審判 > 【労働審判②】労働審判制度の迅速性とは?

【労働審判②】労働審判制度の迅速性とは?

労働審判制度の迅速性についてもう少し詳しく教えて下さい。

労働審判制度では、3回以内の期日において、調停が試みられ、調停が成立しないと権利関係を踏まえた労働審判が下されます。

第1回期日は、申立てから40日以内に指定されます。

労働審判手続の申立てから終局するまでの日数は、平成23年12月末の統計では、全国平均73.6日であり、この審理期間は、制度発足当初に比して短くなっている傾向にあります。

また、主張・証拠書類の提出時期にも制限があります。

主張・証拠書類は、規則上、第2回期日まで提出できます(労働審判規則27条)が、裁判所によっては、第1回期日前に提出される申立書や答弁書とその添付証拠に限定し、原則として補充書面の提出は認めていません。

その後は、口頭による主張や説明に基づき、審理が進められることになります。

したがって、申立人は申立書に、相手方は答弁書に、主張や争点を全て書き込むとともに、第1回期日前に証拠書類を出し切る必要があります。

第1回期日から、当事者の陳述に基づく争点や証拠の整理だけでなく、関係人への審尋も実施されます。

審判官が関係人にいきなり審尋することもあるため、関係人との事前の打合せも必ずしておく必要があります。

このように、労働審判は、非常に迅速な解決を重視しています。

そのため、労働審判では、個人申立てももちろん認められてはいますが、労使ともに専門家である弁護士の関与が必要となります。

東京地裁労働部判事も、「労働審判は3回の手続で解決を図る必要があり、どうしても弁護士さんの協力は必須」(判例タイムズ1194号5頁)と述べています。


カテゴリー: 労働審判, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市