弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労働審判 > 【労働審判⑥】労働審判手続に出席すべき関係者とは?

【労働審判⑥】労働審判手続に出席すべき関係者とは?

労働審判にはどのような人が出席すべきですか?

労働審判手続には、事案解明を行う第1回期日に、申立人本人や事案をよく知る関係者を同行することは必須です。

当該期日に、代理人だけで出席したとしても、代理人自身は、事実を知らないため、委員会からの質問に答えようがありませんし、労働審判手続は、次回までに追って準備するというようなゆったりとした手続ではありません。

また、使用者側としても事案解明のために、当該事案をよく知る担当者や上司等の出席が必須です。

これに加えて、労働審判手続は、調停による解決を目指す手続でもあり、第1回期日から調停を行うことがほとんどですから、紛争解決のために組織上の決定権を持つ担当者や役員(企業の規模によっては、社長)も出席すべきです。


カテゴリー: 労働審判, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市