弁護士法人栗田勇法律事務所 > 交通事故重要判例紹介 > 【大阪地判平成27年1月16日】年金逸失利益、ペットホテル代は損害といえるか

【大阪地判平成27年1月16日】年金逸失利益、ペットホテル代は損害といえるか

1 年金逸失利益について

亡Xは、本件事故当時63歳であり、約5ヶ月後である平成24年10月10日には、厚生年金受給権が発生し得た。

ただし、同人が年金受給権を得るためには、62ヶ月分の国民年金保険料を追納する必要があった

以上によれば、亡Xは、本件事故当時年金受給年齢に達していなかったばかりでなく、年金保険料を追納しなければ同受給年齢に達したとしても年金を受給できない状態にあった。

このような場合には、仮に追納資力があったとしても、追納して年金を受給することが確実であるとはいえない

したがって、同年金については発生の蓋然性がなく、損害とは認められない

2 ペットホテル代について

原告Aの飼う犬が平成24年5月4日(本件事故日の翌日)から同月7日又は8日までペットホテルに預けられ、そのための費用として1万8900円が支出された事実が認められる。

原告らが同ペットホテルを利用したのは、亡Xの葬儀等に対応するためであると推認でき、その期間としても4ないし5日間は相当といえることからすれば、上記金額は本件事故と相当因果関係のある損害と認められる


パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市