弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続①】被相続人に多額の借金があるのですが・・・

【遺産相続①】被相続人に多額の借金があるのですが・・・

先日、夫が亡くなりました。亡くなってわかったのですが、夫には多大な借金がありました。私はこの借金を払わなくてはならないのでしょうか?

1 相続放棄をすることで、借金を支払う必要はなくなります。

相続放棄は相続が開始されたことを知ってから3カ月以内(この期間を「熟慮期間」といいます。)に、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述書を提出し、それが受理されることによって認められます。

なお、相続放棄をすると法定相続における後順位の者が相続人になります。

妻と子が相続放棄をした場合は、夫の親、兄弟姉妹が相続人になるので、借金を免れるためには、この方々すべてが相続放棄をする必要があります。

2 相続放棄をした相続人は、その相続に関しては、最初から相続人にならなかったものと扱われます(民939条)。

したがって、相続放棄は代襲相続原因にはなりません。

相続放棄の効力は絶対的であり、不動産の場合、第三者に対しても登記なくしてその効力が生じます。

3 相続放棄と似た概念として「相続分の放棄」というものがあります。

相続分の放棄をした物は、相続人の地位を失うことはなく、相続債務についての負担義務を免れないものと解されています。

相続放棄と相続分の放棄とでは、他の相続人らの相続分が異なる点に注意が必要です。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市