弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 個人再生 > 【個人再生⑤】再生計画の認可要件は?

【個人再生⑤】再生計画の認可要件は?

再生計画の認可要件を教えて下さい。

再生計画案が可決された場合には、裁判所は、不認可事由がある場合を除き、再生計画認可決定をします。

認可要件として主なものは以下のとおりです。

①再生債権弁済禁止等の法律の規定に違反していないこと

②計画遂行の見込みがないものでないこと

③再生計画の決議が不正の方法によって成立するに至ったものでないこと

④再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反しないこと(破産以上の配当があること等

⑤再生債務者が将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあること

⑥再生債権の総額が5000万円以下であること

この金額には、次の金額は含まれません。

ア 住宅資金貸付債権

イ 別除権の行使によって弁済を受けることができると見込まれる再生債権の額

ウ 再生手続前の罰金、刑事訴訟費用、追徴金または過料(共益債権または一般優先債権であるものを除く)

最低弁済額要件を具備していること

⑧住宅資金特別条項を定める意思がある旨を記載していた場合、再生計画に住宅資金特別条項の定めがあること


カテゴリー: 個人再生, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市