弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理⑤】休憩時間中に電話番をさせることはできる?

【労務管理⑤】休憩時間中に電話番をさせることはできる?

休憩時間中に電話番をさせることはできますか?

休憩時間は、1日の労働時間の途中に与えなければならない、業務から離れることが保障された時間です。
一部の業種(運輸交通業、金融・広告業、接客娯楽業、官公署等)を除き、原則として、すべての労働者に、①一斉に与え、②自由に利用できるようにしなければなりません。
したがって、休憩時間中に電話応対をさせると、自由に利用できる休憩を与えたことになりませんので、別途休憩時間を与えなければなりません。

なお、労働基準法では、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を、労働時間の途中に与えなければならないとされています。

また、休憩を一斉に与えないで、交替で与える場合は、労使協定を結ぶ必要があります。労使協定の中で、休憩の与え方などを定めなければなりません。


カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市