弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理⑦】給料や割増賃金の端数処理のしかた

【労務管理⑦】給料や割増賃金の端数処理のしかた

給料や割増賃金を計算する際の端数処理のしかたを教えて下さい。

賃金の支払については、就業規則などに規定した上で、次のような端数処理をすることができます。
1 1か月の賃金支払額(賃金の一部を控除して支払う場合は控除した額)に100円未満の端数が生じた場合
→50円未満の端数を切り捨て、それ以上を100円に切り上げる。

2 1か月の賃金支払額に1000円未満の端数が生じた場合
→翌月の賃金支払日に繰り越して支払う。

3 割増賃金の端数について
①1か月の時間外労働、休日労働および深夜労働について、それぞれの時間数の合計に1時間未満の端数がある場合
→30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げる。

②1時間あたりの賃金額および割増賃金額に1円未満の端数が生じた場合
→50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げる。

③1か月間の時間外労働、休日労働、深夜労働について、それぞれの割増賃金に1円未満の端数を生じた場合
→50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げる。

なお、1日における時間外・休日・深夜労働の各時間数に端数が生じても、1分単位でも時間を切り捨てることはできませんので、ご注意下さい。


カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市