弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理⑫】従業員が行方不明の場合、解雇の手続はどうすればいいの?

【労務管理⑫】従業員が行方不明の場合、解雇の手続はどうすればいいの?

従業員が行方不明となってしまった場合、解雇の手続はどうしたらよいですか?

従業員が行方不明の場合は、裁判所の掲示板に掲示し、かつ、その掲示があった旨を官報・新聞に掲載する公示送達という方法があります。

また、従業員が行方不明になった状況や過去の勤務状況、連絡の有無、連絡がとれなくなってからの期間などから、会社をやめるつもりで姿を消したことが明らかである場合は、黙示の自己退職として取り扱うことも考えられます。


カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市