弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理⑬】試用期間満了後、本採用を拒否できる場合は?

【労務管理⑬】試用期間満了後、本採用を拒否できる場合は?

試用期間満了後、本採用を拒否できるのはどのような場合ですか?

従業員の本採用を決定する前に、一定期間(通常は1~3か月程度)、その従業員の能力や適性を見極めるための試用期間を設けている会社も少なくありません。
通常、試用期間中とくに問題が見られなければ、その後も労働関係が続くことが前提とされていますが、逆に、「この人には仕事を任せられない」ということになって、辞めてもらうというケースもあると思います。
試用期間満了後の本採用を拒否することは、解雇と同じですので、①従業員について、採用時にわからなかった事実が試用期間中にわかった場合で、②その事実によって本採用を拒否することが客観的に見て相当であることが必要です。

試用期間は、お試し期間だから、簡単にクビにできると誤解されている方もいらっしゃいますが、正しくありません。ご注意ください。


カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市