弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理㉔】年俸制導入の留意点は?

【労務管理㉔】年俸制導入の留意点は?

当社では、就業規則を変更して年俸制を導入しようと考えています。この際、注意すべき点はありますか?

年俸制は、法律上の定義があるわけではありませんが、一般的には、賃金額を年単位で決定する制度をいいます。

また、年俸制の内容は、会社によって様々で、一義的に決まったものがあるわけではありません。

従来の賃金制度を改定して年俸制を導入するためには、就業規則の変更が必要となります。

年俸制は、そのほとんどが、1年間の仕事の成果を踏まえて翌年度の賃金を決定する制度ですから、成果如何によっては年俸額が増減することになります。

この点、多くの裁判例は、年俸制の導入により1年間の成果如何により年俸(賃金)額が減額する可能性がある以上、就業規則の不利益変更に当たると判断しています

そのため、年俸制を導入する場合には、年俸制導入の必要性、年俸制の内容の相当性、経過措置・労働組合等との協議が必要となります。

これらの要件の具体的内容は、個々の事案によって当然異なります。

詳しくは、弁護士にご相談ください。


カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市