弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 成年後見 > 【成年後見⑥】補助・補佐・後見のちがいは?

【成年後見⑥】補助・補佐・後見のちがいは?

補助・補佐・後見の違いは何ですか?

補助とは、初期の認知症(痴呆性)高齢者の方や軽度の知的障害のある方など、判断能力がやや不十分な方々を保護するための制度です。補助では、保護者を補助人、保護を受ける本人を被補助人と呼びます。

保佐とは、判断能力の不十分さが著しい方々を保護するための制度で、保佐では、保護者を保佐人、本人を被保佐人と呼びます。

後見は、判断能力を欠く常況にある方々を保護するための制度です。判断能力を欠く常況にあるというのは、一時的には回復することがあっても、大体の場合、判断能力を欠いている状況にあることをいいます。成年後見では、保護者を成年後見人、本人を成年被後見人と呼びます。


カテゴリー: 成年後見, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市