弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 交通事故 > 【交通事故④】「症状固定」ってなに?

【交通事故④】「症状固定」ってなに?

「症状固定」とは何ですか?

「症状固定」とは、簡単に言うと、「これ以上治療を継続しても、治療効果が上がらないと判断された状態」をいいます。
主治医が、このような状態になったと判断したときに、「症状固定」となります。

症状固定と判断された場合には、それ以上治療の効果が上がらないわけですから、その後医療を継続したとしても、原則として治療費は損害賠償の範囲に含まれません。

また、症状固定後の休業損害(事故のせいで収入が得られなくなったことによる損害)は、発生しないことになります(後遺障害による逸失利益に含めて計算するため)。

なお、症状固定すると、その時点で損害額が確定するため、症状固定後に、示談や訴訟の手続きに入っていくことになります。


カテゴリー: 交通事故, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市