弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚⑮】退職金も財産分与の対象となるの?

【離婚⑮】退職金も財産分与の対象となるの?

夫の退職金は財産分与の対象となりますか?

分与者がすでに退職金を受給している場合には特に問題となりません。

問題は、将来において支給される場合です。

この場合には、会社の存続、経営状態、本人の退職時期、理由等の不確定要素により左右されることから、そもそも清算の対象となるのか問題となります。

近時の裁判例は、賃金の後払い的性質を理由に、財産分与の対象としています

しかし、清算方法については、以下のとおり、争いがあります。

① 離婚時点で任意に退職すれば支給されるであろう退職金の額を支給の時点で精算の対象とする

② 将来支給されることを条件として清算の対象とする

③ 将来の退職金額自体を現時点で清算の対象とする

金額は、退職金額×(婚姻期間/退職金基準期間)÷2が原則であり、概ね確定額となっています。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市