弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 離婚問題 > 【離婚⑰】借金はどうやって清算すればいいの?

【離婚⑰】借金はどうやって清算すればいいの?

離婚をする際、住宅ローンなどの負債はどのように清算すればいいですか?

日常家事債務を除き、夫婦の一方が負担した債務を他方が責任を負うことはありません。

日常家事債務とは、夫婦の共同生活関係上から生じる通常の債務をいいます。

例えば、未成熟子を含む夫婦の共同生活の衣料・食料・家具調度品等の購入、居住家屋の賃借および家賃・光熱費等の支払、家族の保険・医療・娯楽、子の養育・教育などの費用がこれにあたるとされています。

また、仮に夫婦間で負担割合を決めても債権者との関係では、何ら効力はありません。

ただし、負債が夫婦共同生活の中から生じたものであるときは、積極財産から消極財産を差し引いた純財産を計算して残財産額を夫婦間で清算額として決定するのが一般的です。

一方で、婚姻中に形成された財産が全くなく、債務のみが残存する場合に、債務のみの財産分与が認められるかは、債務の割合、支払方法に問題を残すとされており、債務のみの財産分与は認められないとする裁判例もあります。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市