弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 成年後見 > 【成年後見⑫】施設に入ったので自宅を処分したいのですが・・・

【成年後見⑫】施設に入ったので自宅を処分したいのですが・・・

成年被後見人が介護施設に入所しました。施設に入所する前は、一軒家に住んでいたのですが、今後、自宅に戻る見込みはありません。そこで、成年後見人である私が自宅を処分し、介護費用にまわしたいのですが、どのようにしたらよいですか?

処分を検討している住居は、以前、成年被後見人が所有し、居住していた不動産なので、「居住用不動産」です。

「居住用不動産」は、成年被後見人が居住の用に供していたということから、一般の所有不動産とは異なり、特に慎重な対応が必要とされています。

具体的には、成年後見人が「居住用不動産」を売却するなどの処分(第三者への賃貸、使用貸借(無償で貸すこと)、家屋の取り壊し、抵当権の設定など)をする場合には、事前に家庭裁判所に「居住用不動産処分許可」の申立てをし、許可を得る必要があります。


カテゴリー: 成年後見, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市