弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労働審判 > 【労働審判⑧】申立人が複数いる場合でも労働審判はできる?

【労働審判⑧】申立人が複数いる場合でも労働審判はできる?

複数の労働者が申立人となり、労働審判を申し立てることはできますか?

労働審判手続は、3回以内の期日という制約の中で、審判官以外の審判員も加わった合議体が、期日における口頭のやりとりで心証を形成して、具体的事案の迅速な解決を図る制度です。

複数の申立人からの請求があると、主張する内容や証拠も多くなることから、どうしても事案解明に時間がかかり、また、審理が錯綜することも少なくありません。

さらに、調停の段階に至っても、各申立人の勤務期間や再就職の見込み等、個別事情が異なるのに、当事者のいずれかが画一的な解決に拘るような場合は、労働者ごとの柔軟な解決が困難となるおそれもあります。

したがって、同一企業に勤務する複数の労働者が申立てをする場合であっても、上記の労働審判手続の性質にかんがみ、各労働者ごとに、個別の申立てをするのが相当であるし、迅速な解決にも資するといえます。

なお、一括処理が相当と解される場合は、委員会が、当事者の便宜を考慮して、事案に応じて、複数の申立てを併合したり、並行して審理することもあります。


カテゴリー: 労働審判, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市