弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 会社清算 > 【会社清算⑭】清算結了とならない場合はどういうとき?

【会社清算⑭】清算結了とならない場合はどういうとき?

会社の清算手続を進めた後、最終的に清算結了とならない場合とはどのような場合ですか。

清算手続の過程で、会社に債務超過の疑いが生じた場合(債務超過が明白な場合及び支払不能の場合も含む)には、特別清算手続に移行します。

なお、特別清算手続を回避するために、清算手続開始前に債務超過が判明している場合には、超過分について事前に債務の免除を得たり、手続開始後に免除を得る合意を取り付けることが行われています。

特別清算手続が完了するためには、最終的に、「協定」を債権者集会の多数決で成立させることが必要となります。

したがって、大口債権者の協力が見込めない場合には、特別清算手続は完了せず、破産に移行せざるを得ません

また、清算手続の過程において、経済情勢の変動などが生じ、会社の清算を取りやめて事業を継続したい場合も考えられます。

このような場合には、清算が結了するまでであれば、株主総会の特別決議により、会社の継続を決定することができます。


カテゴリー: 会社清算, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市