弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 労務管理 > 【労務管理④】固定残業代以上の残業代は支払わなくてもいい?

【労務管理④】固定残業代以上の残業代は支払わなくてもいい?

残業しても一定額以上は、割増賃金を支払わないことをしてもいいですか?

まず、割増賃金を毎月定額で支給する自体は違法ではありません。
しかし、定額で支払う割増賃金が、その月の実際の残業時間について本来支払うべき金額を下回る場合には、その差額を支払わなければいけません。
ですから、例えば、30時間分の残業代として毎月5万円を定額支給するとしても、実際の残業時間が30時間を超えてしまった場合には、その差額分を別途時間外勤務手当として支払う必要があります。

カテゴリー: 労務管理, 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市