弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 【刑事弁護⑤】接見禁止がついていて被疑者に会えないのですが・・・

【刑事弁護⑤】接見禁止がついていて被疑者に会えないのですが・・・

子が逮捕に引き続いて勾留されてしまいました。接見禁止がついているため、親である私たちは面接できません。こういう場合どうすればいいでしょうか?

弁護士は、接見禁止がついていても、弁護人に選任されれば、被疑者に接見することができます。接見のときに、親の伝言や本人の親への伝言などを弁護人を通じて伝えることはできますが、捜査妨害に当たるような伝言の取り次ぎはできません。
通常、被疑者の親は被疑事実に関与している可能性はないことから、弁護士に依頼して接見禁止解除の申立てを裁判所に行えば、接見禁止が解除され、接見できる可能性が高いです。

カテゴリー: 法律相談Q&A パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市