弁護士法人栗田勇法律事務所 > 法律相談Q&A > 遺産相続 > 【遺産相続⑪】特別縁故者ってどういう人をいうの?

【遺産相続⑪】特別縁故者ってどういう人をいうの?

私は10年ほど前に夫を亡くした後、夫の父親と暮らしてきました。義父は3年ほど前に脳卒中で倒れて寝たきりの状態となり、以来、私がずっと看護をしてきましたが、先日、義父が亡くなりました。義父には相続人はいません。私は義父の財産を譲り受けることはできますか?

ご質問のケースでは、相続人がいないため、あなたが特別縁故者にあたる場合には、相続財産分与を請求することができます。

民法によれば、特別縁故者に当たるのは、次のような者です。

被相続人と生計を同じくしていた者(内縁の妻、事実上の養子、子の嫁など)

被相続人の療養看護に努めた者

その他被相続人と特別の縁故があった者

ご質問のケースでは、あなたは、上記①に当てはまりますので、特別縁故者に対する財産分与の請求の申立てを家庭裁判所に対して行うことができます。

特別縁故者に対する相続財産分与は、相続人不存在の場合の手続の中で行われます(相続人不存在の手続については、【遺産相続⑩】をご参照ください)。

なお、分与を受けた場合には、相続税法上は、遺贈を受けた場合に準じて税金を支払うことになりますので、ご注意ください。


カテゴリー: 法律相談Q&A, 遺産相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

弁護士法人栗田勇法律事務所 〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル301 TEL 054-271-2231 アクセスページへ ご相談のお申込に関するQ&A お問い合わせはこちら
営業エリア

静岡市葵区・駿河区・清水区、焼津市、藤枝市、島田市、
吉田町、牧之原市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、
磐田市、浜松市中区・東区・西区・南区・北区、湖西市、
富士市、富士宮市、裾野市、沼津市、御殿場市、三島市、
熱海市、伊豆の国市